読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
rooler man

さぼり・・・トレーニングをサボったわけじゃないけど…。

バイクにのるモチベーションの維持にちょっと苦しんでるなう。
ロードだと結局はがんがん走るしかないのがつらい。もう頭がそうなっているから。

f:id:namadako:20170322111252j:plain
Stravaのプレミアム会員(有料)プログラム中にあるFitness&Fleshnessはもともとパワーメーターだけじゃなくて心拍でもTSB(用語的にそうは書いていないけど内部計算はほぼ同じ)が取れるようにしてあったんだけどこれまではバイクのみのアクティビティしかグラフ化できていなかったのが勿体なかった。つい最近思いついて確認してみたら「すべてのアクティビティ」に対応とあるではないか。これで、トライアスロンや他アクティビティを組み合わせてクロストレーニングをしている人向きのTSBが判断できる。オーバートレーニング、オーバーユース判断にはもってこいのツールになった。しかもパワーメーターも使わなくても何とかなる。

バイクに関してはパワーメーター命の人が多いけど、いくつかの点で心拍も組み合わせた方が良い可能性があるのではないかと思ってる。
例えば、3本ローラー練習なんて最たるもので、基本的には3本ローラーは「負荷を抜いた方が良い」トレーニングだと思う。そんなものトレーニング的にはゴミだと思ってても次の日にはちょっとダメージあったりするのがもう初心者やしばらくやっていなかったおっさんレベル(自分)なのでやっぱり足しておいた方が良いと思うんだよね。パワーよりも心拍の方があきらかに数値が大きいのでSTRAVAのトレーニングストレススコアの他にもうひとつ心拍でのスコアがでてくれるのは意外とありがたいのである。

またサボってしまった。

サボっている時はトレーニングがうまくいっていない時。

今日はグループライド。
ゆっくり組で奥さんのペースに合わせていた部分もあるのでまぁボチボチです。
来週は…ちょっと頑張る組ができればそこへ入りたい気持ちもある。メンバー次第。


先頭交代時のブレーキの取扱いなんだけど、僕は基本的にはどちらのブレーキを掛けるかは制限かけてない。
無意識のうちに後ろが多めと言うことはあるかもしれないけど、咄嗟に近づきすぎた場合は前を掛けないと制動が間に合わないから両方握っているはずだし。だから前の人が後ろブレーキでなきゃいけないなんてことはまったく気にしていない。それよりも前々走者と違う動きだったり、ブレーキが多用されることの方がイライラする。ローテーションの時は前の人なんて半分程度しかみていないと思う。前にいる人全員、さらにその前で起こっている事態を見ないと「なぜ前の人がその動きをするのか」が理解できない。集団落車が多い人というのは、その動きを見れる範囲が狭い人じゃないかと…。つまり前の人のブレーキなんてそもそも見ちゃいないんだよね…。
だから先頭交代でブレーキは後ろなんて決めつけない方が良いよ絶対。

f:id:namadako:20170221145522j:plain

クリートのポジションを前シューズとほぼ同じ位置にでるように改造したらやっぱりこのポジションで走れるようになった。
クリートとサドルポジションはセットだな。
クリートを下げるたびにサドルが前に出てくる感触はあって、これ以上後ろに下げるとサドルがUCIルールを守れなくなるから…。

今日はラップ遅いのに270W。風に翻弄されなきゃ290Wくらいはいくんだろか。

グループライド

今日もゆっくり組のサポートをしがてら。
クロスバイクの方も走られたのでトレーニングしたい気持ちには諦めもつくってもんだ(笑)。むしろ中途半端な時の方がいらいらするよね。
それでも、僕と一緒にサポートしてくれたりするメンバーもいるので、ちょっとだけ練習。
初めは1分2セットと思ったけど感覚でやったら45秒程度だったらしい。

45sex-1minは2015~のベスト。
まぁ身体が余裕あったので継続すればあと50-100W程度はあがるだろうという気はする。
ようは慣れだと思うんだよね。



f:id:namadako:20170219185922j:plain
ペースが上がって3週間。今週は子供の通院やスキーの予定が入っているので1週間で維持できるかちょっとわからないな。
4週間継続してから2週かけて少しペース下げようと思ったけど。

ラン16㎞

90分のラン。
15㎞:1:25:17
だいたい、5:45ペースをめどに走ってみる。このペースだと現状では15㎞以降はがくんとペースが下がる。下がった理由は補給不足に起因しているかもしれないし、単にゴールが見えたのに遠回りしなければならないとわかったがっかり感が原因かもしれないしなんとも言えない。まぁ速いとは感じてなかったから補給を取って走れる環境なら20㎞まではいけるだろう。それ以降は・・・まぁ無理かもね(笑)。
5:30ペースまで上がれば1:50:00か・・・8時半出発ならぎりぎりで帰ってこれるようになるな…やめとこ(苦笑)。

クリート調整

ロード用にシューズを準備・・・と思ったらポジションがまったくでない!
なんでや!と思ったらクリートの位置がまったくでなかった(苦笑)。

同じノースウェーブなので油断したけどそういうことか。
これ、工作しないとだめだな。

f:id:namadako:20170216124021j:plain

CX練

今日はアクティブレストの予定で。
のんびりとCX練。
旋回、8の字、飛び乗り、担ぎ。
とりあえず、動きがある程度固まってくればペースは上がってくるだろうと思って「落ち着いてやる」ことを最優先に。
飛び乗りに関しては少しずつ余分なステップがなくなってできるようになってきた。

・着地~ハンドルもったまま4歩位~飛び乗り
 これはある程度できるようになった。飛び乗りを失敗して横方向へバイクを押し出してしまうことも少なくなってきたけど、まだクリートキャッチまでへの一連の動作がうまくいかない感じ。
 シクロクロス用とロード用のシューズを分けてシクロクロス用はもう少し普通のクリート位置へ戻そうかと。どうしても母指球でペダルを踏む癖はなくならないので一瞬その位置へ足が行ってしまってクリート位置とかなりずれてしまう。
 シクロクロスの方はポジションはハンセン式にはしないつもりだから(しなくても普通に走れるから)クリートも元の位置で良いような気もするし。

・着地~トップチューブを掴んで戻して8歩位で飛び乗り
 初めは変なステップがまた出てきたけど、慣れて来た。トップチューブを掴んでいる時にバイクを安定させて飛び乗る感じにすれば最初のルーティンよりうまく行けるかもしれない感触が掴めてきた。
 とっちらかるとチェーンが暴れるし、バイクが横へ押し出されて(たぶんパンクの原因になりうるような)うまく走らない。

この先はまだまだやることが多いなと。

シケイン飛び越え
 バイクを持ち上げて、下してをしてから飛び乗る。バイクを持ち上げ、下してで雑にバイクを扱うとチェーン脱落からなにから色々トラブル満載。とくに1周目は要注意だろう。テンション高い練習も必要なんだよね・・・。

・斜面でバイクを押して上についてから飛び乗り
 ランニングの状況が変わると飛び乗りもうまくできるかどうかまた変わってくるような気がする。

・・・まだまだ練習することたくさんあるな。楽しみだ(笑。