読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
rooler man

お手製TSS-TSB換算も4か月目に突入。休養週が終わりを告げまたCTLが上向きモードに。
ここで頑張らないとまた下がっていく一方なんだけどね・・・。

f:id:namadako:20170205184757j:plain

今週は水曜日をランにしたい。20㎞越えランチャレンジの予定。
と、今日の天気が雨だったので明日がラン。それを踏まえて1週間の予定を考えないと。
火曜・木曜が休養日になる、かも。
火曜日を完全休養にするか木曜日を完全休養にするかどちらかだな。
水曜日のチャレンジは初で経験がないから木曜日は完全休養やむなし、として火曜日をアクティブレストに設定(バイク)。
で行こうか。

[バイク][グループライド]

ロードは1週間ぶり?今日もあまり感触が良くなかった。左足のクリート位置をもっと深くしたい感じ。
出力はそれなりに出ているようなので悪くないけど…。

朝ラン

[トレーニング][ランニング]

15㎞。前半が6:18ではいって6:00ちょい切るペース、途中の貝立公園登りで6:18、下りはそれほどでもなかったけど下りきってからが5:32で最速(-8m)。
そこからだいたい5:40ペースで最後まで。とりあえず15kmベストで1:27:31。
心拍的にはまだ余裕あると思うし+60mの上りが入るので平地ならもう少し行けると思うけど本番はここまで速いと25㎞も走れないと思うので自重自重(笑)。今月は水曜日1回はランにする。

スルーアクスル

昨日のグラベルライドに引っ張り出したGIANT。冨士川の時にもちょこちょこと気が付いていたんだけどディスクブレーキの片擦り?がダンシングだったりブレーキの際にたまに引き起こされることがある。どうやらホイールが少しずれるっぽい。軽量クイックを使っているわけじゃなくてcrankbrothersの絞め付けが強くできるタイプを使っていても、片擦りするなと思ってクイックを締め直すと「あ、ずれてるな。」と思うことがある。
f:id:namadako:20170202102555j:plain

crankbrothersのクイックがだめと言うわけでもなく、締め付けもロードの1.5マシくらいでやっててだめ。

特にフロント側はダンシングでこねくり回すようにしているとダメ。ロードではそんなことしないしねぇ・・・と言うことなんだけど。
そんなわけでやっぱりディスクブレーキ系はスルーアクスルの方が絶対におススメと僕は思う。
僕のバイクは15年以上前のものだからその辺は仕方がない。
まぁ、いずれはフロントフォークだけカーボンに入れ替えてスルー化しておけばいいかなと。

[雑感][グラベルバイク][フレーム]素材のこと

そもそもグラベルバイクってなんぞやと。僕の感覚だと、シクロクロスバイクに汎用性を持たせたものと言う認識なんだけど、要はレースに向けて専用性の高いフレームジオメトリ・フレーム加工・素材を選んでいくのがシクロクロスであり、そこからロードのアプローチを考えたフレームジオメトリ、泥除け・ボトルケージ・キャリアダボなどの工作、重量は少々無視するかどうかなどを取捨選択したのがグラベルロードと考えればまぁいいんじゃないかなと。ガチでシクロクロスしかやらないと言う人はシクロクロスフレームの方に魅力を感じるし、グラベル系が好きな人はそこからどれだけ遊ぶフィールドを広げるかなんだと思う。

と、言うことで考えると、グラベルバイクに求める素材感は、カーボンでもアルミでも鉄でも目的によっては横一線なんだよね。
今のGiantのアルミの乗り味は意外と気持ちの良いもので、特にタイヤが太くなるほど効果が発揮される。衝撃吸収性はやはりタイヤが第一にあるし、フレームの微小な衝撃吸収性を凌駕しちゃう。もしそれ以上欲しいならLAUFだと思う。ninerの鉄が第1候補にあるけどアルミでもいいような気がしてきたな。

大沢峡からびく石

f:id:namadako:20170201152047j:plain

どうやら行けるらしい。
木・金でモチベーション残しておくために今日はシクロクロスで遊びがてら。
西方からぼちぼちと大沢峡目指して走る。
林道を発見して登ってきた。

今日は3気圧。
ロードとダートの快適性のバランスを考えたんだけど短いライドならこれでいいかも。
長いライドだったらやっぱりポンプ持って走った方が楽しいと思うわ…。グラベルでコーナーがちょっと怖い。
30㎞で400m登って(ほぼ往復のコース)、ゆっくり目でave19.8km/hくらいだからそんなに遅くならないよね。下りだってグラベルはロードほど飛ばせてるわけじゃないし。
平地でSSTレベルで(パワーメーターつけてないけど心拍はそれほどでもなかった)25㎞/h程度は単独で出ているから脚のある人ならツーリング的なロードはこっちの方がいいと思うなぁ。

ラン:本格復帰

っていう割に12kmなんだけど、15㎞走ろうぜと。
あと10分早くでれば10分長く走っても大丈夫・・・って余裕が生まれるんだけど。
今のところ6min/15㎞はそれほど苦痛じゃないから。本番は前半は6.5ペースにしたい。
2月は5.30/10km 6min/20kmは一回でもチャレンジしよう。
水曜日どっかでランやるか…。

f:id:namadako:20170131173315j:plain

1月は全般的にトレーニング量が少なくてバイクもランも予定以下。
体調不良もあんまり言い訳にはならないな・・・1月に入ってずっとCTLが下がってるから。

数字みると一目瞭然なんだけど、じゃぁなんで下がってたんだっけ?はやっぱりノート取らないとわからないな。
もうちょっと工夫しよ。
バイクとランについては距離じゃなくて時間を・・・と思ったけどそのままTSS量で区別すればわかるかな?

クリート取付に関する一つの仮説

前も書いたっけ?まぁいいか。

クリート位置の決定方法に関する仮説。

踏み込む足の仮想軸とペダル軸を合わせる必要性はあまりない。

つまり「母指球と小指球?を結んだ線をペダル軸の上に云々」はこだわらなくてよい。

母指球と小指球?を結んだ線が、ランニングにしても自転車のペダリングにしても踏込みや蹴り出しで重要な場所であるのには異論がない。たぶん、中足骨の先端と考えればいいと思うんだけど、足の構造上ここにポイントをおくのは間違ってない。でも自転車のソールってペダルの軸があることを足裏で意識できるほどやわらかくない。だから上記にこだわると微妙に調整が必要になる…とは思う。
こだわらないとすれば・・・要は「シューズの内部で踏むポイントは母指球と小指球?を結んだラインを意識する」ってことにしてペダルの軸を意識しなければいいんじゃん?どうせシューズが剛体で伝えてくれるんだし。と言うのが土踏まずクリート論の考え方だと思う。そう考えられるのは自分の経験でもあるけど「土踏まずクリートにするとトルクが増える」とハンセン先生が説いているから。つまり、同じ力を踏み抜いてもトルクが増えるのならそれはモーメントの腕が伸びたからと考えられる。伸びたのはペダル軸からシューズ内部の踏み込む足の軸までと考えれば辻褄はあうのではないかと。

実際にモーメントの腕が伸びた分だけパワーが増えてるかって言うと、ペダリングの変化の増減で相殺分もあると思うけどね。でもそれを生かして走ることもできると思うんだよね。

土踏まずクリート論の場合気を付けるのは「あくまで踏むポイントは中足骨の先端付近」で他のペダリング方法とは変わりがないこと。
土踏まずで踏んでいるわけじゃない。そうしないとモーメントの腕が伸びない。
位置決めで考えるのはアンクリングがなく自然であればOK(アンクリングがでやすいなら後ろへ後ろへさげていけばいいとも考えてる)。逆に踵に寄せて行ってこれ以上だめって思う基準ってなんだろうなぁ・・・現行のシューズのクリート位置だとべた下げでも特に気にならないんだよな。

ダウン中

体調崩して金曜日は一日だうん。
シクロクロス以降はちょっとモチベーションもダウンしていたのでこの2週間は休養週位に考えた方がよさそうかな。
ただ、寝ていてもかなり消費カロリーは高かったのだが。

f:id:namadako:20170128132420p:plain

原因は心拍がたかかったこと。
高熱だったせいもあるのかずっと90以上キープしていた。
なるほどねぇ‥。f:id:namadako:20170128132528p:plain